Loading...
応募する
栄養士 – 山岸 栄養士 – 山岸
栄養士 – 山岸
2012年 入社 山岸 Yamagishi 栄養士として3年間の勤務後、管理栄養士として働き始める。 当法人だけではなく、他の法人や活動からも必要とされる管理栄養士を目指す。

食事に関心のなかった患者様の考え方・行動に変化が起きた時は、やりがいを感じます。

お仕事の内容について教えていただけますか。

現在は、現場と事務の両方に携わっています。
現場では調理から配膳・下膳と何でもやれるようにしています。事務では未熟な部分も多いですが、献立作成・栄養管理・栄養指導などをしています。また食支援プロジェクトの1人として、研修などにも参加しています。

管理栄養士として、苦労しているのはどのようなことですか。

食事の中での安心と安全の確立が重要であり、力を入れている部分です。
新しいことをやり始める時の全体の意識の共有と、標準化するまでのマニュアル作りや、患者様に対するサービス向上もその一つですね。

管理栄養士としてのやりがいはどんなところですか。

患者様からの「ありがとう」「美味しかったよ」の一言をいただけたり、栄養指導を通して、食事に関心のなかった患者様の考え方・行動に変化が起きた時は、やりがいを感じます。
また、先輩の調理師に認められた時はとても嬉しかったですね。

栄養士 – 山岸

自分のやりたいことや目標に対し、柔軟な対応が可能。

入職の決め手を教えてください。

科長の「利用者は食事だけが楽しみだから…」の言葉です。他施設では、患者・利用者様よりも会社を第一に考えすぎていた一面もありました。
それから病院と老健が併設になっていたことです。自分のやりたいことや目標で、希望すれば移動できるのがいいですね。

福利厚生や研修制度などで、一番良かった制度はなんですか。

年に数回ある旅行やバスツアーなどのイベントは毎回楽しみにしています。
また、企業や業者の勉強会などは、仕事として行かせてもらっています。内容もいつもと違ったことなので、楽しく勉強できます。

入職前、入職後で、イメージが変わったところはありますか。

会社に対するイメージは、特に持たないようにしていました。自分の考え方などのイメージは、最近大きく変わりました。最初は患者・利用者様のためにどうするかだけを考えていましたが、今は会社をよくすることで患者・利用者様のサービスの質を上げようと考えています。

栄養士 – 山岸

新しい技術・知識を取り入れられ、働きやすい環境。

入職して自身が一番成長したと感じるところはどこですか。

他職種や患者様からの質問に対しての答え方やその内容は、昔と変わったと実感できます。
また、同じ学校で勉強した仲間と話すときも、知識がついてきたと感じるときもありますね。家での料理のバリエーションが増えたことも、調理面での成長を感じる瞬間の一つです。

入職して良かったと思うことを教えてください。

やる気があれば、いろいろなことに挑戦できる・させてもらえることですね。最近では食支援プロジェクトで新しい技術・知識を取り入れていることです。
休みはちゃんともらえますし、連休も取りやすい環境です。

栄養士 – 山岸

他の法人や活動からも必要とされる管理栄養士になりたい。

職場の雰囲気や環境についてはいかがですか。

個性豊かで、楽しい日も辛い日もあります。
栄養科だからなのか、シャイな人が多いと感じますね。

ご自身の将来の理想像を教えてください。

当法人だけではなく、他の法人や活動からも必要とされる管理栄養士になりたいです。

入職を検討されている方へメッセージをお願いします。

理想と現実は違うところが多いなと感じるので、自分がどうしたいかを実現する気持ちを持続させることが一番大事だと思います。

栄養士 – 山岸
TOP

Recruit採用情報

私たちと一緒に働きませんか?

Joblist募集職種一覧

各職種の募集要項はこちらよりご確認ください。
詳しく見る
 

Contact見学のお申し込み

見学のお申し込みはこちらから。
お問い合わせ