Loading...
応募する
看護師 – 加藤 看護師 – 加藤
看護師 – 加藤
2016年 入社 加藤 Kato 認知症病棟に勤務していたが、違った視野からの看護を目指すために箱根リハビリテーション病院へ入職。

ゆっくりとした時間の中でじっくり患者さんに関わることができる。

入職の決め手を教えてください。

私は、以前から高齢者の看護にずっと携わってきていて、よりじっくり一人一人の患者さんと関われる看護ができたらいいなと思っていました。また、今まで認知症病棟で勤務をしていたので、もう少し違った視点から高齢者に関われたらいいなと思っていた事がきっかけです。

実際に見学に来た際に、看護部長さんから「ゆっくりとした時間の中でじっくり患者さんに関わることができるのがこの病院ですよ」という説明を受けながら病棟を見学させてもらったのですが、その際に雰囲気が良いと感じたことが大きいです。それに、建物がとても綺麗で、2階、3階と階段を登って行くと、箱根の綺麗な景色が見えてくるんです。こんな中で看護ができるというのも、決め手のひとつです。

看護師 – 加藤

些細な事で言ってもらえる「ありがとう」で、疲れが吹っ飛んでしまいます。

看護師としてのやりがいを教えてください。

どんなに大変だと思っていても、患者さんやご家族から「ありがとう」、「ご苦労さま」というお言葉をかけてもらえると、疲れが吹っ飛んでしまいますね。

自身の成長につながったと感じる出来事を教えてください。

当院では、今年度から看護学生の実習を受け入れているのですが、それに伴って、私自身も実習指導者研修に行かせてもらっています。自分も後輩の育成という役割を担う立場になってきたんだなという実感だけでなく、実際の自分の成長につながっていると思います。

看護師 – 加藤

勤務時間内での研修が、参加しやすい環境につながっています。

教育制度、サポート体制、研修はどんなものがありますか。

分からないことが聞きやすい、働きやすい雰囲気だと感じました。いろんな領域を経験したスタッフがいるので、色々な人が自分の知らないことを教えてくれたり、自分がやってきた領域で教えてあげられるところがあればレクチャーしたりと、お互いが協力して成長し合える、そういうところはすごくいいところだと思っています。
それから、勤務時間内での参加が可能な院内研修が月に最低1回、2回あることに加え、院外の研修も日勤扱いで参加できます。
私も研修に行かせてもらっていますが、病棟の皆さんもすごく協力してくれているので、とても参加しやすいですね。教育制度やサポート体制はすごく充実していますし、ありがたいなと思っています。

看護師 – 加藤

患者さんと、そのご家族の思いに寄り添える看護に取り組んでいきたい。

入職して自身が一番成長したと感じるところはどこですか。

私自身、入職して3年経ったくらいなので、まだまだ成長途中だと思っています。

現在、病棟の感染委員会で感染予防に取り組んでいるのですが、そちらのマニュアルの作成に参加させてもらったりと、組織の中での役割が増えてきていると感じています。

自分に任されることが増えてきた部分が、この病院に入職して一番自分が成長している部分だと思いますね。

看護師としての今後の目標を教えてください。

患者さんとそのご家族の思いに寄り添える看護が提供できたらいいな、という思いで仕事をしているので、その看護が継続できるように、今後入職してくるであろう看護学生だったり、新人さんの育成に関わっていけたらいいなと思っています。

看護師 – 加藤
TOP

Recruit採用情報

私たちと一緒に働きませんか?

Joblist募集職種一覧

各職種の募集要項はこちらよりご確認ください。
詳しく見る
 

Contact見学のお申し込み

見学のお申し込みはこちらから。
お問い合わせ